calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

Twitter

Facebook

来週アルバム「顔」発売です

0

    来週26日いよいよ「顔」発売です。
    CDショップで購入される場合、お近くの店舗に問い合わせていただければ確実に購入できると思います!

    大きい店舗には数枚並ぶかとおもいます。


    あとはamazonなどでも買えますが、のろしレコードのweb shopで購入もできます。

    サインも入れます http://noroshi.thebase.in


    やっとこさ宣伝の日々から解放されそう、でもずーっと宣伝していくのが人生なのかしら。
    そんなの知らない、旅にでたらこっちのもんだ〜!
    ライブにも来てくださいね〜

     

    ーーー

     

    ●4月28日(金)三鷹 バイユーゲート
    東京都武蔵野市中町1-17-2 アビエス1F
    TEL 0422-55-5782

     

    『松井文「顔」一人ぼっちのリリースパーティー』


    開場19:00 開演20:00
    料金 1500円(+1drink)
    ------------
    『CD発売記念 関西ツアー』
    with れっきとしたSLEEPER
    岡本修道(gt,mand) 弓倉尚真(gt) 山崎明(key)近藤哲生(ba) 飯田一馬(ds)

     

    ●5月19日(金) 大阪 GANZ toi,toi,toi
    開場19:00 開演19:30
    前売 2500円 当日3000円(+1drink)
    O.A 田中旭津

     

     

    ●5月20日(土) 京都 恵文社 cottage (アコースティックミニライブ)
    開場18:00 開演18:30 終演19:30
    予約 2000円 (+1drink)


    ※この日は、岡本修道(gt,mand) 弓倉尚真(gt)とのトリオ編成となります。

     

     

    ●5月21日(日) 神戸 JAMES BLUES LAND
    開場18:30 開演19:00
    予約 2500円 当日3000円(+1drink)

     

     

    ----------------


    『CD発売記念 新宿ゴールデン街劇場 2Days』

     

    ●6月3日(土) 弾き語り編
    松井文(vo,g)、折坂悠太(vo,g)、三輪二郎(vo,g)
    開場18:30 開演19:00
    予約 2500円 当日3000円

     

    ●6月4日(日) バンド編
    松井文(vo,g)、三輪二郎(gt)、ロケット・マツ(key,mand)、種石幸也(ba)、折坂悠太(dr)、ハラナツコ(sax)、日南京佐(cello)
    スペシャルゲスト モロ師岡
    開場16:30 開演17:00
    予約 3000円 当日3500円

     

     

    <予約>

    noroshirecord@gmail.com

     

    お名前、公演日、枚数をご明記の上、送信してください。

    返信が来ましたら受付完了です。

     


    在りしひ其の二、無事終わりました。

    0

      12月21日「在りしひ」其の二、無事終了いたしました。

       

      年末の忙しい時期にも関わらず、沢山の方に来ていただきました。感謝申し上げます。

      松倉と勝と光永と継吾、素晴らしい演奏をありがとうございました。

       

      其の三もお楽しみに。

       

      写真:添田康平さん

       

       

      そして2016年が終わろうとしています。

      なにかとハードだった12月で、年末になって少し気を抜いてしまったのか

      人生初のインフルエンザになってしまいました。

       

      おかげで予定していた録音を延期し(すみません)、唯一、参加予定だった忘年会にも行けず、

      お呼ばれしれいた某ミュージシャンの方の還暦パーティーにも行けず、

      部屋で引きこもっています。

       

      何はともあれ、今年も新年を迎えれそうです。

       

      今年一年お世話になりました。

       

      来春、自分の二枚目のソロアルバムをやっとこさ出します。

      どうか聞いていただけると幸いです。

       

      まだ、録音終わってませんけど。

       

       

      松井文

       

       


      回復の兆し

      0
        いつからかわかりませんが、自然と 人のライブに行かなくなっていました。
        18、19の頃はあんなに通っていましたが、
        一人暮らしなので今の方がお金ないっていうのもありますが、
        また近頃は、これも これもいきたいなと思うようになってきました。 

        今思うと去年までの3年間ほどは、ちょっと疲れていました。
        心がここに無いようなかんじで、どうしていいのかわかりませんでした。
        だから、あんな曲ばっかり歌ってたのでしょう。
        もっと明るい歌うたいたいなと最近おもっていて。

        18、19のころが、たくさん歌を作れた時期で、
        いままた、その兆候を感じているので
        今後もゆっくり、よろしくお願いします。

        最近歌い始めた、新しい曲は、ゴンザレス三上さんのツイートを元に、
        死ぬ間際に幸せのことがわかるって歌なのですが、なんか歌ってて楽しくなるんです。

        明日は希さんと松竹谷さんのライブをみにいってきます。

        あ、下北レコ発にお越しの皆様本当にありがとうございました。
        ツアーも張り切っていってきます、
         

        5月25日くもり

        0
          先日の湘南台で、折坂悠太がキャンディーズの「夏が来た!」と言う曲を歌っていて、
          多分前にも一度この曲を歌ったのを聴いた事があったけど、
          折坂悠太が歌うと、爽やかな風が吹く、凄くいい曲だなと思った。

          この曲を作ったのはどんな人なんだろうとネットで調べると「穂口雄右」という人が作詞作曲していた。

          原曲のキャンディーズが歌っているバージョンを、多分はじめてYouTubeで聴くと、
          少し印象が違ったし、「春一番」の作詞作曲者でもあるということが少し意外だったけれど、
          どうやら穂口氏はアメリカンポップスが好きらしく、納得。

          穂口氏は著作権の事や、メディアの事に関していろいろ挑戦というか模索しているようで
          一応、「レーベル」というモノを言い出した自分にとっては、このインタビューがとても興味深く勉強になった。
          http://wired.jp/2012/11/26/interview-copyright/
           
          『実は私には、アイドルの曲を聴いて育つ子どもたちにも「こういう方向性で音楽を聴いてもらって次への成長のステップにしてもらいたい」という個人的なテーマみたいなものが昔からあって、で、作曲活動をしてきたんです。でもそれが、いともあっさり崩されちゃうんですよね。ビジネスとの兼ね合いで負けちゃうんですよ。大々的にテレビで放送されちゃうとそっちが勝っちゃうというね。』
          テレビで放送されてもされなくても、こういう曲を私も作りたいな なんて考えていたら大きな揺れが。


          揺れが収まりテレビを付けて、どんな状況なのか確認。
          大阪の友人からもラインが入ったり、ツイッターを見てると安心出来た。

          部屋の窓辺で、アパートの庭の風に揺れる木々を眺めて、煙草を吸っていると
          また、折坂悠太の「夏が来た!」が頭の中で聞こえてきて
            「こんな不思議な出来事が あってもいいものかと思うくらい 爽やかな雲が空におどるよ」
           のところで、ちょっと泣けてきた。

          http://music.j-total.net/data/007ki/010_CANDIES/016.html

          最近のこと

          0
            久しぶりに日記を書く気になりました。ひとのブログを読んでいたら、ああ、何でもないことでも、書けば良いのだなと。


            最近は、お酒をとても飲みたくなってしまうことが、週に1度あります。

            とてもというのは、たくさん飲みたいということです。

            それを終えると、何日か家に引きこもり、人に会いたいなと思って、また飲み屋にいくと、終電の時間になっても、閉店の時間になっても帰りたくなくなってしまっていて。

            そんな毎日です。

            次の日に大した用事が無いからでしょうね。


            ライブに呼ばれなくなったら、私は歌うことを辞めるのだろうか?とか、考えたりするのですが、有り難いことに、まだ歌っております。

            | 1/4PAGES | >>